もしも発症したら|フィラリア予防にはキウォフハート|安くて安全な犬の薬

フィラリア予防にはキウォフハート|安くて安全な犬の薬

もしも発症したら

茶色の錠剤

フィラリア症は恐ろしい病気…ということはわかっているものの、万が一フィラリア症に発症してしまったらどうなるのでしょうか?

フィラリア症が犬の体内に寄生してしまった場合、その寄生虫の数によって症状が変わってきます。ただ、感染した直後というのは寄生虫の数はそこまで多くありませんし、特に健康状態に悪影響を与えることはありません。初期症状はほとんど何も起こらないので、気づかない場合が大半です。
ですが、症状が進行してくると咳がよく出る、散歩へ行きたがらない、痩せる、血尿が出る、お腹に水が溜まる…といった症状が現れます。
こうした症状が現れたときというのは、かなり症状が進行しているということなので早急な治療が必要です。
フィラリア症が悪化している場合には手術を行いますが、犬の体力がない、高齢という場合には薬での治療となります。しかし、薬での治療は良くなるスピードが遅いですし、よくなる可能性は低いです。

こうならないためにも、日頃から定期的ににキウォフハートでフィラリア症予防をすることが大切です。
キウォフハートは毎月一回与えるだけで、愛犬の辛い姿を見ることもなくなりますし、長生きしてもらうことができます。毎月動物病院でキウォフハートをもらうのは金銭的に厳しいという場合には個人輸入代行サイトを利用して、安い金額でキウォフハートを手に入れましょう。
ただ、まとめてキウォフハートを購入して来年分に置いておく…ということはやめましょう。毎年、しっかりと病院で検査を受け、必要に応じて薬を購入して与えるようにしましょう。